2017/01/19

読書な日々

一日中マイナス気温のままな
冬日が続いている。


1484821367938.jpg

陶芸に行っても、作る気力がわかず
オヤツ食べてお茶して帰宅。
誰か私に刺激をくらはい。(ノ゚ο゚)ノ


1484821369508.jpg

ブログ友ススメのコリン・ホルト・ソーヤー
「老人たちの生活と推理」読み始めました。
海辺の老人ホームで起きる殺人事件で
登場人物は、ほとんど老婆ばかり(≧▽≦)
まだ3分の1あたりだけど、なかなか面白いよ♪
さてさて、犯人は誰かなぁ〜楽しみです。


1484821370074.jpg


| | コメント (14)
|

2017/01/12

和菓子のアンソロジー

坂本司 光文社

「和菓子のアン」著者、坂本司氏が作家10人に
リクエストして1冊にまとめた短編集です。
もちろん、全て和菓子にまつわる物語
いま、私の頭はドラ焼きでいっぱい!
あ~食べたいよぉ(//∇//)


1484183572410.jpg


昨夜から大雪、風雪注意報か出てます。
夜中から風が強く、吹きだまりで大雪になり
家族は、雪はねにおおわらわでしたよ。
久々にチーコが夢に♡
ホンの一瞬だけど、嬉しかったなぁ〜(*´・з・`*)チュッ♪

1484183575719.jpg

| | コメント (20)
|

2016/12/02

コンビニ人間

20161130_144804

村田沙耶香著 文芸春秋

サラッと読めたけど、読後はため息が出た。
主人公は36歳未婚女性恵子。
幼い頃から人とは違う言動で騒ぎを起こし
いつのまにか人と話をしないで育つ。
大学生の時、コンビニの細かいマニュアルで
水を得た魚のように生きはじめ
就職も結婚もせずに36歳までバイトのまま。
コンビニ食を食べ、夢の中でもレジを打つ・・・
それでやっと普通の人と同じになれる暮らしだ。

発達障害なんでしょうかね。
怖かったのは、妹が泣き止まない赤ん坊を
あやすのを見て、「静かにさせるだけなら簡単なのに」と
手にあるナイフを見るくだりだ。
世の中の人はみな同じように考え、しゃべらないと
変な人だと疎外する。
カワイイ猫を見たら「カワイイ~♪」と
孫の話も一緒に「カワイイ~♪」と・・・

芥川賞受賞 帯のタイトルが
  ーコンビニこそが、私を世界の正常な部品にしてくれるー

話題の一冊です。book

Aviary_1480463721783

久しぶりに靴下を編んだ。
ウール100% カカトとつま先はアクリル混紡毛糸。

昨日から暴風雪警報が出ていて
夜半から風の音で寝付かれなかった。typhoonsnow
お出かけの人は気をつけて!run
私はヌクヌク猫婆化します。cat

| | コメント (14)
|

2016/10/03

人生を・・・

20161003_100548

「あなたの人生、片づけます」 垣谷美雨著 双葉社

以前に読んだ「七十歳死亡法案、可決」も衝撃的だったけど
この作品は誰でも身に覚えのある片付けられない人々が
片づけ屋・大庭十萬里の指導で変わっていく短編集。

そうか・・・自分の部屋を片付けられないのも原因があって
精神的なものや人生も関係あるのか~と
影響を受けやすい単純な婆はあせっているのです。
こうしてはいられない!run
捨てなきゃ!coldsweats01 オススメしますぞ。

20161002_121809

ウール100%
100均毛糸の羊ちゃんナチュラル中細であみました。
やっぱりウールはスイスイと編みやすいなぁaries

今日は雨です。。。rain

| | コメント (22)
|

2016/09/25

読書の秋

20160917_183029

秋ですねぇmaple・・・

スポーツの秋 芸術の秋 食欲の秋 などなど、色々あるけれど
閉じこもりの婆は、読書の秋&食欲の秋でしょう。

「恋するハンバーグ 佃はじめ食堂」山口栄以子著
  以前に読んだ「食堂のおばちゃん」の続編です。
  ただし、舞台は姑の一子さんが若い頃のお話で
  孝蔵さんと一子さんが営むのは、洋食だけど家庭的なメニュー。
  あいかわらずお料理がどれも美味しそうで
  お腹が空きますよ。restaurant
  若い方はご存知ないでしょうが、一子さんは
  岸恵子さん似に孝蔵さんもイケメンに描かれていて妄想します。heart04

「東京すみっこごはんー雷親父とオムライス」成田名璃子著
  「東京すみっこごはん」の続編で前作よりも面白かったかも。
  色々な世代の人たちが集って、晩御飯をくじ引きで作って食べる・・・
  それだけなのに考えさせられるドラマがあります。riceballnoodle
  こちらも料理が美味しそうだ~♪
  雷親父の有村さんと受験勉強に潰されそうな秀樹くんの
  交流がホロリとしましたよ。
  イメージが壊れるからドラマ化してほしくないなぁ


  
  
20160925_093418

シュウメイ菊・ナナカマド・コスモス


| | コメント (8)
|

2016/08/18

秋の気配

台風も去り、気温がグイグイ上昇中です。typhoon
ここらは大きな被害は無かったけれど
地域によっては水のついたところもありました。

残暑はまだまだ頑張ってるけど
ススキの穂も出ていたし、コスモスも咲き
窓下のミニ花壇ではシュウメイギクも・・・
ほんの少し秋の気配がします。maple

20160816_173409

コスモスとヒマワリが同居。

20160817_101236

シュウメイギクは秋明菊と書きますよ。
キンポウゲ科です。


20160817_101324

夏休みもあと少し・・・北海道ではそろそろ新学期です。
図書館も静かになりますナwink

「福も来た」パンとスープとネコ日和  群 ようこ
  母を亡くしたあと、店を引き継ぎ
  サンドイッチとスープの店を営む主人公の
  穏やかな暮らしを描いています。

「食堂のおばちゃん」  山口恵以子
  初めての作家さんです。
  姑の一子さんと嫁の二三さんが営む定食メインの
  家庭的な食堂。
  夫に先立たれたふたりが他人とは思えないくらい
  いきがぴったりで、作るお惣菜はどれもおいしそーっdelicious
  うれしいことに、ラストにはレシピも掲載されてます。
  大きな事件も無いけど和みますよ。noodle
  

| | コメント (16)
|

2016/08/03

夏が来たぞ!

一昨日 29度、昨日 29度、

そして・・・今日!31度!
明日予想も31度!  北海道にも短い夏が来たぞ~wave

本州のように36度なんて上がったら
生きていけないかも。
今日でさえ死ぬかと思ったし・・・
おおげさですみませぬ。coldsweats01
冬のマイナス気温に合わせた体脂肪ゆえツライ。。。

20160802_112711

紫陽花といえば梅雨どきの花だけど、今が盛り。
道端ではノラニンジンも満開です。


20160802_115018

加納朋子著  文芸春秋

久しぶりに読書の日々です。book
表紙に惹かれてだけれど、なかなかでした。
短編集で動物との話です。どの話も優しくて少しさびしいかナ
タイトルの「モノレールねこ」は
表紙のブサイクな猫の名前で
ひょんなことから首輪にはさんで、言葉のやりとりをした子供達が
大人になって出会うまでを描いてます。
動物ってなぜだかブサイクなほどカワイイよね。dogcat

陶芸の窯は原因わからず・・・
窯入れはお盆のあとになりそう。
そうでなくてもパワー欠乏してるのに、グッタリです。sad


[追記]

先月末、大阪で開催された「ザ・アイス」
真央ちゃんが座長のショーも10周年です。virgo
ゲストの大輔さんの「ライラックワイン」を
自分の為に貼ります。run

刈り上げてジョリジョリな大輔さん・・・
陸ダンスも大成功だったし、フジTVのオリンピックキャスターで
今頃はリオかなぁ ファンは無事のお帰りを待ってますよ。

| | コメント (10)
|

2016/04/18

スクラップ・アンド・ビルド

20160418_144826

羽田圭介著  文芸春秋

芥川賞受賞作。
タイトルの意味は、工場設備や組織などで、採算や効率の悪い部門を整理し
新たな部門を設けること。
簡単に言うと古くて使えないものは新しくしようよということかな。

物語は「早う死にたか」が口癖の要介護老人と
無職の孫・・・爺さんの願いを叶えてあげようと
あえて祖父に手を貸し弱らせようとするのだ。
この物語の爺さんはなかなかではありますが・・・
介護の世界では出来ることは自分でというのが基本らしい。

実は私も時々思うのだよ・・・もうお迎え来てくれないかなぁ
家のなかに限らず、遠くの地で大きな災害があっても
何の役に立てないし、お金持ちでもない。
ただの年金暮らしのばーさんだもんね。
残念なことに私の孫はほとんど手を貸してはくれんので
いっきに弱らずジワジワの長期戦だ。run

免許の更新で撮った写真が明らかに犯人顔!
5年後の次の更新時 私はどうなっているでしょう。
最近、考えが暗いです。sweat01


20160415_125038

くるぶし丈の靴下。
ウール30%アクリル70%
他に出来ることも無し・・・残るは食欲のみの老後なり。

『追記』

4月24日(日) 19:00よりNHKBS1でスイスで行われる
「アイスレジェンド」を放送します。
トリノ五輪銀メダリストのランビエールさんの主催するショーで
日本からは、真央ちゃんと大輔さんが招待されて出演。
世界中のトップスケーターが集まります。good

| | コメント (10)
|

2016/03/17

少しずつ・・・

20160317_095243


河川敷の野球場はまだ雪に覆われているけど
遠くの山並みが少し春の色だ。bud

久々に図書館へ行くようになって
文庫本を借りることが多くなった。
文字が大きい本は読みやすいけど重い!book
寝転んで読むときは、文庫本がちょうどいいね。

「今日もごちそうさまでした」角田光代 新潮文庫

 好きな作家さんで、このエッセイは
 1つのテーマが3ページほどで、その短さがとてもいいのだ。
 季節ごとに普通の食べ物が唾液が出るくらいに
 美味しそうで困る。riceballapple  

 「最後の晩ごはん」椹野 道流(ふしのみちる) 角川文庫

 初めての作家さんで 非常勤の監察医をしていた経歴を持つ。
 どうやら女性らしいけど、よくわからない。
 物語は元イケメン俳優の海里が「ばんめし屋」の主に拾われて
 料理修行中に起きる幽霊絡みの話だ。
 決して重くはなくスイスイ読めますナ
 ドラマ化すると誰がいいかなぁと妄想するのも面白い。
 このシリーズは5話出ています。 

春が近づいて少しは元気になるか?と思っていたけど
毎日、アチコチ痛いし 脂肪はたっぷりなのに
お肌はカサカサで・・・少しずつ老いが進んでます。
チーコに会えるのもそう遠くはないかもしれにゃいね。cat 

| | コメント (10)
|

2016/03/09

「リサ・ラーソン」の世界

20160309_082534

近くに住む叔母ちゃんから緊急呼出し。
「ちょっと!みっち 素晴らしいものあげるから寄りな!」
えーっ!窯入れなんだけどなぁと思いつつ
早退して寄った。run

・・・マジで素晴らしかった!!
スウェーデンを代表する陶芸家リサ・ラーソンのガイド。
なんと、価格が4500円なり ひぇぇぇ~お高い!
いいの?いいらしい・・・作品の展示もしていて一目惚れとか。
決して可愛いとは言えない猫達や陶板の存在感が凄いのだ。
なんの釉薬だぁ?と穴の開くほど眺めてもわかりまへん。eye
宝物になりました。
ネットとは縁の無い叔母ちゃんだけど、ありがとう!

20160308_174456

花好き叔母ちゃんのテーブルには昨日も愛らしい花達が・・・heart04
叔父の月命日の花をよっこしたらしい。

叔母ちゃんも私も老いて
その話聞いたなと思いながら何度も同じ話をする。
昨年、同じように飼い猫を見送ったので、時々ウルウルする。weep
私に靴下の編み方を教えてくれた叔母ちゃんも私も

歳をとりましたナ


20160308_202215

加工してみましたにゃcamera
昨夜、眠れないままウトウトし
チーコの夢を見たのだ・・・目覚めてまたウルウル。sweat01
いやはや・・・

| | コメント (12)
|

より以前の記事一覧