2018/04/25

長いタイトル

1524625047939

5分で読める!ひと駅ストーリー
     食の話  宝島社

電車にはトンと縁のない暮らしだけれど
食の話に興味が湧いたのです。
このミステリーがすごい!編集部編とあるので
怖い話ばかりかと思ったけれど
ほっこりな物語もありましたね。book
本当に短い話ばかりで、7ページほどです。

究極の本能は食べることなのだなぁriceball
noodlebread

おヒマで、せっかちな人にオススメです。

1524627501771

100均の植木鉢に寄せ植えをしてみました。
可愛いのだ〜heart04  自画自賛なり。

1524614243933

フキノトウが伸びてきましたよ。
桜前線も北海道南部に上陸しました。cherryblossom
cherryblossomcherryblossom

季節はグイグイ進みますね。

| | コメント (6)

2018/04/13

ごはんぐるり


1523594628987


西加奈子著  文春文庫


「漁港の肉子ちゃん」でファンになった西さんの

食に関するエッセイ集。

1977年テヘランに生まれ、(テヘランってどこだ?)

カイロと大阪で育った彼女の、ちょっと変わった食の好み。noodle

アルバイト先で作ったまかない料理や

本を読んで空想した料理の話など楽しい一冊である。book

私と西さんの共通点が1つあって、ふやけた麺が好物な点だ。

伸びたラーメンや次の日のすき焼きに入ったうどんなど

ウホウホいいながら食べる。。。happy02

原点は母方の祖父が作って食べさせてくれた

お餅の入ったおじやかもしれない。

フワフワデロデロが好きな変態婆だね。


よって、コシのあるパスタやバリカタのラーメンは

遠慮したい。


春は遠いようで近い気がする本日なり。sun

| | コメント (8)

2018/04/07

4月の雪

20180403143406


そんなタイトルのドラマがありましたナ
4月に入ったけれど、明日にかけて雪の予報です。snow
今日は小学校の入学式だったと思うけど。


陶芸はとりあえず継続できそうです。
教室の料金体制が変わったので、今まで通りの作陶は
難しく 焼成も年に2度出来るかどうか?
それでも現在6名のメンバーが欠けると
会としては無理なので、やる気のない私も
頑張らねばなりましぇん。coldsweats01 うりゃrun


20180403_101103

十六夜荘ノート(いざよいそう)  

古内一絵著  中公文庫


久しぶりに、のめり込むように読みました。
大伯母から一等地を相続することになったエリートサラリーマン。
ただその土地には現在シェアハウスになっている古い屋敷と
変人だらけの住人付き!!
現代に生きる青年と戦時中の華族の令嬢の日々が
交互に描かれていて、とても興味深い。。。book

私は戦後、兼業農家に生まれましたが
大昔は地主だったそうで、奥の仏間に白髪のお嬢様が
いましたよ。私の曾祖母はいつもキチンと正座し
裁縫箱から飴玉を魔法使いのように渡してくれました。
キツネのような風貌の曾祖母。。優しい人でした。
その嫁はタヌキ顔でしたナhappy02
そのまた嫁はブタさん顔でその娘(私)もブタさん顔です。
もう今は暮らした家もありませぬ。
みんなみんな空に逝っちゃいました。
昔が懐かしいお年頃なんですね〜

古内一絵さんはNHKラジオで放送されていたドラマで
「マカン.マラン」も書かれています。
オススメの一冊です!wink


| | コメント (14)

2018/03/09

漁港の肉子ちゃん

今年、初めての雨です。。rain
ここらは弱い雨だけど、道東では洪水警報も出てます。
お隣の二階部分が見えるようになったけど
昨年に比べると倍ほどの積雪量が残ってますよ。
今年は家庭菜園も遅れるでしょうね。bud

20180222130650


「漁港の肉子ちゃん」 西加奈子著 

強烈なタイトルです。
漁港で働く太った母は肉子ちゃんと呼ばれ
ひとり娘の喜久子を育てるパワフルな女性。run
夫無しだけど、惚れっぽい天真爛漫な性格です。
娘の喜久子中心に物語は進みますが
ラストにどんでん返しがありますよ。
お名前は知っていたけど、初めて読む作家さんです。


「きみと暮らせば」  八木沢里志著

再婚の連れ子同士の陽一とユカリ。
両親を事故で無くしたあと、兄は学業をやめて働き
妹は義母の残したレシピ帳で料理を作る。
支えあいながらの二人と猫の暮らしは
大きな事件も無いけれど、ほのぼので
読後は暖かな気持ちになります。riceballnoodle
この作家さんは、「森崎書店の日々」を以前に
読んだことがあります。book

ネットを見てると、各地から花便りが。。
梅や水仙、ビオラ。。heart04  いいなぁ
この時期は毎年ウツウツと過ごす怠け者です。
まだ冬眠中のクマさんみたい。。
時々、起きて本を読み また昼寝。。sleepy

春はまだ先ですにゃ

1520569133224

こんな日はチーコが恋しいぞheart04

| | コメント (14)

2018/02/16

文庫本

20180215085022


旭川に住むTちゃんから、ドン!と文庫本が届いた。book

お互いに読み終えた本を交換するようになって、何年たつだろう。

届いたのは、宮部みゆき 東野圭吾 松岡圭祐 などなど。。

Tちゃんの今のブームはミステリーなのね。

読んだことのあるのも数冊あるけど、又 読む読む。。

自分以外が選んだものはけっこう新鮮なのだ。

Tちゃんは3歳くらい年下で、以前同じ職場で働いたことがある。

お互いにバツイチだけど、性格は正反対だ。

お喋りで明るいTちゃん、無口で暗めの私。coldsweats01

ずいぶん会ってないなぁ。。

ネットに興味の無いTちゃんだから、このブログも

見てないと思うけど ありがとうございまーす。

閉じこもり婆にはなにより嬉しいね。bookbookbook


少し、晴れ間が見えるけど 週末はまた雪予報だ。。snow

| | コメント (16)

2018/02/07

猫が見ていた

ボヤボヤしてるうちに、いつのまにか
2月になった。。。速い速いrun

2月といえばニャンニャンで22日は猫の日。cat
最近はコンビニの本コーナーでさえ
季節に敏感で、表紙に一目惚れしたざます。
飲み物を買いに行って、文庫本を購入。。book

20180207071932

猫にまつわる短編集で、表紙もイラストもそそられる。
湊かなえ氏の「マロンの話」が一番面白かった。
猫好きさん以外には特にオススメではにゃい。

1517963444417

いよいよ、お隣が完全に見えなくなりました。
こんな大雪は何年ぶりだろうね。snow
住宅地は除雪が追いつかず、どこのお家のそばにも
カマクラが出来るくらいに山盛りです。
春は近そうで遠いぞ。bud

| | コメント (17)

2018/01/29

春色靴下

20180128_114943


ウール100% 4玉使用
100均毛糸だけれど、明るい段染めが春っぽい。
真冬日続きなので、体もアンヨも冷え切っている。
楽しみにしていた「Xmasオンアイス」も
雪のせいでCSは映らなかった。。ガックリweep

20180128120153


アマゾンから文庫本届いた。
配達のお兄さん、鼻の頭真っ赤で雪まみれ。。

伊吹有喜著 「オムライス日和」と
「情熱のナポリタン」どちらもBAR追分の続編だ。
ネットで書評は様々だけれど、私は大好きだ。
ナポリタンの表紙にBAR追分のある「ねこみち横丁」で
飼っている3匹の猫が描かれてるのも嬉しい。catcatcat
黒猫がデビイ、三毛がそのままミケ、
トラがキナコ。heart04

バール追分でモモコさんが作る料理も興味深い。
横丁の管理人になった脚本家志望の宇藤君や
バーテンダーのイケメン純くんにも会いたい。コラコラpunch
なーんてことを70才近い婆が思ってしまうのです。book

| | コメント (14)

2018/01/22

BAR追分

1516411464525

伊吹有喜著  ハルキ文庫

たぶん、初めての作家さんです。
(自分の記憶回路に自信無し)

新宿の端っこにある「BAR追分」
昼はバール(カフェみたいなもん)、
夜はバーのお店が舞台。
お店に集まる訳ありな優しい人達が
桃子さんの作るランチやマスターの美味しそうなカクテルに
酔いしれます。ヨダレが出ますぞ。
近くにこんなお店があったら常連になりたい。。restaurantwine

「オムライス日和 BAR追分2」と「情熱のナポリタン BAR追分3」の
続編も出ています。。。読みたいっす。book
久々に物欲ムラムラと。。happy02


ここ数日、モクモクと雪が降り続き
私の部屋から見えるお隣の1階部分がついに
見えなくなりました。snowsnowsnow

1516595090640

今夜は関東も大雪で、ニュースを見て 大変だなぁと。。
こちらから見るとチョロいけど、タイヤも靴も違うしね。
滑らないように気をつけて!!run


Photo_220_173859


チーコの隣のペルシャ猫さんは、アプリのフレームで
よそ様のにゃんこさんだけれど
昔、そっくりなマリという猫と暮らしてました。
30年も前のことです。。私があちらへ逝ったら
見つけてくれるかなぁcat

| | コメント (12)

2018/01/11

ワル子猫カレンダー

1515412142691

かわいいーーっheart04と思わず言ってしまう猫も
好きだけど。。。
悪いお顔のにゃんこも好物です。catcat

左下の黒猫さんにパンチ喰らいたい、変態猫婆だね。happy02
右下のしおりは最近のお気に入りです。かわゆいnote

「ワル子猫カレンダー2018」(株)マガジン.マガジン

1515542735829

「すずの爪あと」 乃南アサ著 新潮文庫

11編が収録されている短編集です。
タイトルになっている「すずの爪あと」は
地震で離れ離れになった猫と家族が又出会うまでの
ほっこりする話で、ウルウル。。weep

ほーっ。。そう来るか!と思ったら
やっぱり乃南アサさんで、あとは怖いミステリーでござった。shockbook

もう、鏡開きですね。
私の周りは私を置いてきぼりにして、
ビュンビュンと過ぎていきます。速い速いrun
今は晴れてるけれど、今夜は荒れるらしいよ。snowtyphoon

春はまだまだ。。

| | コメント (20)

2017/08/05

通い猫アルフィーの奇跡

レイチェル ウェルズ著 中西和美 訳


1501895706798.jpg

飼い主の老婦人を亡くし、ひとりぼっちの猫の
アルフィーが空腹と寒さでさまよい歩く。。
ある住宅地にたどりつき、そこで「通い猫」として
生きようかと決め、4件の住宅を偵察するのだ。

無職の男、離婚後の泣き虫女、育児ノイローゼの母
などなど・・・でもそんな彼らにアルフィーが
奇跡を起こす。
猫目線で描かれていて、ついチーコだったらと
思ってしまうのですよ。

最初は涙がちょちょぎれるけど
安心してください。。ハッピーエンドです。( *´︶`*)♪


1501895707857.jpg


1501895709125.jpg

蕎麦の花が満開の季節になりました。

夕方から町内の盆踊りの太鼓がにぎやかです。
シャンコシャンコシャンコシャシャンコシャン
手拍子揃えてシャシャンコシャン♪
お盆ですね〜キタ━(゚∀゚)━!

| | コメント (10)

より以前の記事一覧