« コウリンタンポポ | トップページ | ヒメジョオン »

2020/06/21

あのひとは、

20200616055920

「あのひとは蜘蛛を潰せない」

彩瀬まる著  新潮文庫

 

まず、タイトルに驚いたけど

久々に読む恋愛小説。

主人公は、ドラッグストアで働く

28才の女性店長です。

タイトルになってるのは、中年の男性従業員で

指先ほどの蜘蛛も潰せない優しさを持つ。

けれど、ある日若い女性と遁走してしまう。

妻の話によると、初めてでは無くて

しばらくたつとシラ~っと帰るそうなのだ。

優しい男でも妻には酷いことをするのだね。

 

主人公は28才で初めて恋人ができるのだが

バイトの大学生だ。

幼いころから、「みっともないことをするな」

「ちゃんとしなさい」と口煩く育てられた主人公は

人とのつきあい方がギクシャクします。

兄と結婚し、母と同居の幼なじみである雪ちゃん。

必ず、頭痛薬を購入するバァファリン女。

脇役の登場人物も独特で面白い。

私自身も口やかましい母に育てられたので

のめり込むようにイッキで読了。

著者の他作品も読んでみたいです。📖

 

ブログも自粛継続で怠けております。

いやはや。。

今日は久しぶりの青空なり。🌞

 

 

|

« コウリンタンポポ | トップページ | ヒメジョオン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

お元気でしたら、自粛でもなんでも結構です。
お母様が厳しくお育てに、でしたか。我が家もそのはずですが、いつとはなしに適当に聞いて、今反省しています。(笑い)

投稿: kazuyoo60 | 2020/06/21 12:32

(*^^*ゞ  kazuyoo60さん

こんばんは。
私の母は自分の思う通りに娘を
育てたい人でした。
ことごとく反発して、今の私があります。
母が望む良い子にはなれないまま
気がつくと婆になっちゃった。
少し太陽さんに当たらないと
カビがはえそうです。😅

投稿: michiko | 2020/06/21 19:26

おはようございます(^^)
お天気が良い日は適度にお日様に当ってね。
骨のためにも必要とのことです。

父親が厳しすぎて、いじけた子に育ちました。(;´▽`A``

投稿: yacco | 2020/06/22 09:58

michikoさん、こんにちは。
クモをつぶせない男の人ですか。
うちの男連中も虫に弱いですね。
米粒のようなクモに小さいときから
ギャーギャー言ってました。
女の人の方が案外平気なのかもしれませんね。

『苦手図鑑』読んでいます。
斎藤くんの恩返しが面白かったです。
ちょうど真ん中ぐらいでパンチくんがやってきて、
後半が残っていますが、とても期待しています^^

投稿: ブリ | 2020/06/22 18:26

(*^^*ゞ  yaccoさん

こんばんは。
ウチと反対だね。私の父は
ホワーンとした優しい男でした。
ファザコンであります。

せっかく晴れたのに
ボーッと昼寝をしてしもうた。💦

投稿: michiko | 2020/06/22 22:45

(*^^*ゞ  ブリさん

こんばんは。
実は私も蜘蛛が苦手だけど
やっつけます。✊
でも、チーコの生まれ変わりか?と
考えるようになり、見逃すこともある。

北大路公子氏は、全面的に大好き♪
モノグサで面倒くさがりなところが
他人とは思えないざます。
本のタイトルだけでも笑えるし😃

投稿: michiko | 2020/06/22 22:54

本のタイトルで思わず自分の幼少時代には「蜘蛛の糸」の話にいたく感動した私が虫を殺すという事に随分とこだわりをもって生きてきたことを思いました。
蛇類だととても好きになれない私でも虫にはある意味で弱者への哀れをいつも感じています。
本の内容とは違いう話ですが、、。
自粛生活での読書とはそれはそれで有効な時間を過ごされておられているのですね。お元気でね。

投稿: フロリダの風 | 2020/06/22 23:52

(*^^*ゞ  フロリダの風さん

おはようございます♪

北海道は比較的、虫が少ないですよね。
昔、職場で九州で暮らしたことがある同僚が
虫が小さくて少ないよと言ってました。
私も爬虫類は触れませんにゃ
ところで、私の大好きな大輔さんは
またフロリダで練習中らしいのですが
大の虫嫌いなので、ヒーヒー言ってるだろうなぁと。
アースジェット、持参したかナ

投稿: michiko | 2020/06/23 08:14

わたし、虫は大の苦手、もちろん蜘蛛もです。
この作家さん知りませんでした。興味津々ですよ。
わたしの母は心配性だったので、あれはだめ、これはだめで育ちました。反抗期からは見事に反発して生きてきました。でも最近思うんです「母に似てるな」って。特に嫌だと思っていた部分が.知らず知らずのうちに母色に染まっていたようです。

投稿: 花 | 2020/06/24 10:59

(*^^*ゞ  花さん

こんばんは。

あ~わかります。
私は母のようになるまいと
無口な婆になったけど、偏屈なところは
似てきました。😥
背中を丸めてテレビを見てる姿は
きっとうりふたつと思います。
老いて、母の気持ちも理解できるように
なったしね。

6月というのに、朝晩寒い日が
続いていますよ~🏃

投稿: michiko | 2020/06/24 18:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コウリンタンポポ | トップページ | ヒメジョオン »