« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020/03/24

ふきのとう


1585016045269

スーパーマーケットでは人生を考えさせられる

銀色夏生 著   幻冬舎文庫

 

ずっと、著者は男性と思い込んでいた。

ぎんいろなつをさんは、女性詩人 随筆家

写真家 作詞家でもある。

このエッセイはほぼ毎日、近くの小さなデパ地下の

スーパーに買い物へでかける日常が綴られている。

レジのお姉さんや貝売場のおっさん、お惣菜の数々、

入口につながれた犬たちなど、興味深い。

中でも、不敵な面構えの赤ん坊とガン飛ばしあいし、

心の中で 「どんなににらんでも、オムツだろう?お前」

久々に腹の贅肉揺らして笑う。

旦那様はいないようだが、娘さんと息子さんが

時々、出てくる♪ 

 

1585016012977

2020年春、ふきのとう発見♪

まぶし~い!嬉しい♪

なのに、ワンコのウンチョス踏んでしまった。

 

1585015972381

 

 

| | コメント (13)

2020/03/17

弥生

20200317115828

約3週間ぶりのご無沙汰でした。

コロナウィルスの話題ばかりで

気持ちが落ち着きませんね。

北国も雪解けの季節です。

遠くに見えるのはピンネシリ山と浦臼連山。

 

20200317122759

星野 源 著  文春文庫

 

特にファンでは無いけれど、タイトルが

仲間だなぁと購入。

さわやかに歌っている人とは思えぬほど

お下品なエッセイであります。でも、好き♪

 

20200317122245

生協に買い物へ行き、マスクが底を尽きかけてるので

ハンカチマスクをしていった。 

折ってゴム通しただけ、縫いもせず。

レジのお姉さんにジーっと見られた。

花模様だしなぁ~(^-^;

薬用石鹸で洗ってアイロンかけて、

又 使いますぞ。

| | コメント (8)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »