« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/28

コスモス


すっかりご無沙汰でした。

いつの間にか、コスモスの季節です。

1535442770455

はかなげに風にユラユラとゆれて
山口百恵さんのようなイメージだけれど。。

台風で倒れたとしても
起きあがってまた、花を咲かせる強い根っこを
持っているのです。

オレンジ色のは、キバナコスモスです。

8月は夏日が15日しか無くて
秋の気配が濃くなりました。
すぐ9月ですね。はやいね~
今年の夏は蚊に1度も刺されてなく
ハエも見かけてないです。
なんか、おかしいぞ北海道?


1535299228098

久々にチーコの夢を見て
目が覚めたら、寒くて丸まってました。
恋しいなぁ モフモフ

| | コメント (10)

2018/08/11

北大路公子を読む

20180807204928


北大路公子氏は、札幌に生まれ、在住。
関西の大学で日本文学を専攻し、卒業後は
祖母の介護を手伝う為に帰郷した変わり者。
今時、そんな優しいお姉ちゃんは珍しいよね。
2001年よりウェブ日記「なにがなにやら」を始め
ビールと相撲をこよなく愛し、ユーモラスな文章が
評判になり「枕もとに靴 ああ無情の泥酔日記」を出版、
エッセイストとして人気が出た。

写真の「すべて忘れて生きていく」には
北海道新聞に掲載された「呑んで読んで」が
まとめられている。さすが日本文学専攻なのだ。
「頭の中身が漏れ出る日々」は、腹の贅肉が揺れるほど
笑えるので、ダイエットになるかもしれない。


1533642442585

思ってた通り、あっという間にお盆が来たけど
お盆前から 朝晩震えるほど寒いのは滅多にない。
氷河期が来るのか?

| | コメント (14)

2018/08/02

家族シアター

1532950866586

辻村深月著  講談社文庫

初めての作家さんです。
タイトル通り、家族の物語の短編集。
中でも「1992年の秋空」に描かれる
姉妹の話に心惹かれた。
一人っ子の私にはわかり得ない、羨ましく
きゅんとする子供時代。。

家族って難しいよね。
私の母は、頭と口が直結した人だったので
同じにはなりたくないと思って育った。
今、私は言葉をゴックンと飲み込み
無口な婆である。
良いのやら、悪いのやら。。


20180802085258


作った植木鉢に多肉ちゃんを植えてみた。
自画自賛

| | コメント (10)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »