« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/22

にゃんこの日

Camerancollage2016_02_22_134456

今日は2月22日  にゃんにゃんでにゃんこの日です。cat
近頃は猫ブームで朝からテレビは猫特集。
うれしいような寂しいような・・・正確には、うらにゃましい。heart04

チーコの寝てるフォトを加工してみました。camera

20160222_083138

100均の合太でくるぶし丈の靴下です。
アクリルが多いせいか、重い感じがしますにゃ
ウールが多いと暖かいけれど弱い・・・悩みどころです。

相変わらずぼーっとしたまま、時間が過ぎていきますぞ。run

| コメント (18)

2016/02/20

待ち時間に

今年最初の内科診察日。
予約だけど1時間待ち・・・文庫本1冊読みきった。

「まぼろしのパン屋」松宮宏著 徳間文庫

この作家さんは初めて、パン、ホルモン、おでんと
食べ物とその周りの人々の物語が3編。
タイトルの「まぼろしの・・」のみファンタジーで
想像してた話とは少し違った。
私の中の意地悪ばーさんが「そんなにうまくいくかい?」と
横やりを入れましたナ

気温が緩んで道路はグチャグチャ
半袖の医師や看護士さんには適温だろうけど
院内は暑く、たっぷりと汗をかいた。sweat01

ヒヤシンスもラストの1本、楽しませてもらったね~
小豆色の靴下は、ウール30%アクリル70%

夜、チーコを感じたくて最後まで枕にしていたサンタさんを
抱っこして寝る・・・
想像力を駆使せよ!
お婆の顔の横で明るく微笑むサンタさんのぬいぐるみを
妄想してみて。
かなり笑えるから・・・smile


20160220_082822


| コメント (13)

2016/02/13

東京すみっこごはん

20160208_080043

成田名璃子(ナリタナリコ)著 光文社文庫

久々に本を読みました。

商店街にある古い一軒家は
年齢も職業も異なる人たちが集まって
手作りの夕飯を食べる共同の食堂です。
イジメにあう女子高生や結婚したいOL、
日本で働くタイ人の青年などの日常と
すみっこ食堂で受け継がれるレシピノートbook
秘密があるのです。

作る当番はくじ引き、経費は割り勘
作り手によってマズイ時もあります。
でも、なんだかうらやましい。
本当にあったら訪ねてみたいと・・
読後、ほっこりした気持ちになります。riceball

20160213_084833

ヒヤシンスが満開中heart04
最初に咲いた房が重くて斜めってますよ~down

今日はなんと雨マーク予報!rain
週明けからまた寒波らしいので、怖いですね~
運転、気をつけましょうね。rvcar


cafe追記

朝から雨!rain  今夜には雪に変わるとか・・snow


20160213_192134

私の大好きなチーコのお鼻heart04
フォトをナデナデしています。

| コメント (15)

2016/02/10

ヒヤシンス色

20160210_150028_2


春色のヒヤシンスが開いてきました。bud
雪に埋もれての緑やピンク色は、
心が浮き立つものですねぇrun


20160210_084903

同じような春色の靴下を・・・
今年はカウントするのをやめましたよ。foot
ゆっくりでいこうと思います。


20160209_113454

ここ数日、気温が少しゆるんでいるので
水分の多い雪が降って、樹木も重そうですよ。snow
春はまだ遠いかなぁ


20160208_080530

フォトコラージュで加工してみました。
チーコ!heart04


| コメント (20)

2016/02/05

Lacrimosa-Day of Teare

CSの日テレプラスで放送されたXOIは

余計な解説も無く、ただただ会場音のみの素晴らしいものでした。

高橋大輔さんは違う人になっており

拝みたくなってしまいましたぞ。heart02


自分のために動画お借りしたので

コメント欄は閉じておきます。

2016/02/01

春を待つ器たち

ご無沙汰しております。

寂しくても悲しくても時は刻々と過ぎ去り
いつのまにか2月に・・・
ちょうどチーコが具合が悪くなった時期に形成した器が
焼き上がりました。

20160131_174819

上のお皿にチーコがいますね。


20160131_174905


20160127_102823

柏葉紫陽花の葉を押し付けてます。
綺麗に模様が出たけれど、ヒビが入ってしまいました。
残念なり・・・


20160130_114600

ヒヤシンスの蕾が上がってきてます。
予定ではピンク色・・・楽しみですね~

チーコが眠るお墓は雪に埋もれているでしょう。
春になったら会いに行こうと思ってます。cat
夜中に足元にチーコの重さを感じたり
写真を見てはウルウルしたりの弱虫ですが
少しずつ前を向かなきゃと・・・
ブログの更新はボチボチになると思いますが
よろしくお願いします。


    春を待ちながら   michiko

| コメント (26)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »