« 早春の器たち | トップページ | 13号@2014 »

2014/03/22

12号@2014

3_21_001

ウール30% アクリル70%  52目 3号針

この靴下はもう投げ出したいぞって思うくらい
時間がかかりました。sweat01
実は11号よりずっと先に編んでいたのです。
合太毛糸だけど少し細めなり。

3_22_002

夜中にも食べたのにね・・朝、お腹空いたの顔。cat
ここ数日、夜はとても冷え込むので湯たんぽ復活してますよ。


baseball  baseball  baseball  baseball  baseball  baseball


楽しみにしていた春の甲子園、始まりましたね。

まー君の母校、駒大苫小牧高校は
3-0で創成館(長崎)を破り、初戦を突破しました。run
佐々木孝介監督は、04年に初優勝したときのキャプテンです。
高校生のころとあまり変わってないお顔は
なつかしさを感じましたね~heart04

2年生の伊藤大海投手は、許した安打はわずか2本で
四球も与えず、落ち着いたピッチングでありました。
将来も楽しみなり。catfacescissors


|
|

« 早春の器たち | トップページ | 13号@2014 »

手編み靴下」カテゴリの記事

コメント

好きな甘い色です。可愛い靴下を作られました。
私もまだ加温しないと眠れません。チーコちゃん、しっかりお目々開けてますよ。
奈良も昨日今日は冷えてます。

投稿: kazuyoo60 | 2014/03/22 13:48

なぁごは靴下編めないけど、模様が沢山入っているのを見ると、作るの大変そうだなぁ~って思います。投げ出したい気持ちに負けず仕上げたのですね。頑張ったmichikoさん♪ピンクと白の毛布、チーコに似合ってるな。湯たんぽも暖かそう=^^=

投稿: なぁご | 2014/03/22 15:56

優しい色合いの靴下ですねぇ、可愛いです♪
まだまだ、朝晩冷え込むので手放せませんね
私も基本の靴下編んでるんですが・・・
つま先のメリヤスはぎが難しいの
michikoさんのはどんなのですか?
普通にメリヤスはぎ?グルっとしぼっちゃう派?

投稿: 桂 | 2014/03/22 17:02

cat kazuyoo60さん

 こんばんは。
 5時過ぎてもまだ明るいので、春は近いなぁと
 実感します。bud
 
 靴下編みしか出来ないので、季節関係なく
 編んでるけれど、な~んにもしたくない日が多すぎますね。
 今日も高校野球を見てたはずなのに
 チーコとグースカ昼寝しちゃいました。catsleepy

投稿: michiko | 2014/03/22 17:11

cat なぁごん

 こんばんは。
 へへ・・投げ出すこともたまにあるんだよ。
 永遠の片方だけとか。happy02
 なかなかゴミ箱には捨てられなくて
 毛糸のカゴの中にあるんだわ~いつか、もう
 片方編むかもしれないと思って・・
 気づくと同じ毛糸がもう無いときもあるsweat01
 なんせO型おうし座のズボラさんだからね。wink
 
 チーコのご要望にこたえて湯たんぽ入れたのが
 ヌクヌクで・・一緒に寝ちまったでがす。catsleepy

投稿: michiko | 2014/03/22 17:16

cat 桂さん

 こんばんは。
 最初のころは私もメリヤスはぎしてたんだけど
 いつのまにか、ぐる~っとしぼるようになりました。
 そのほうが簡単だし、足の指にさわらないのが
 わかったのです。wink
 お風呂上りとか、朝 床がつめたいときに
 まだ私もはいてるよ~footfoot

投稿: michiko | 2014/03/22 17:19

桜の花びらのようなカラー素敵素敵!
カカトのストライプがとってもお洒落だっ。
時間がかかったのが素人の私にもうかがえる作品です。
優しい色合いに花冷えの足元も温めてくれそうです。


いいのいいの。
チーコさんお腹さえ壊さなければ
お腹が空いたと要求してもいいよね。
そのかわり、しっかりお水も飲んでくださいね。

姉さま今日、今季はじめてホーホケキョの鳴き声聞きました。
それでも湯たんぽは必須です!
湯たんぽなしではとてもとても眠れません。

投稿: アルジ | 2014/03/22 18:38

cat アルジにょん

 こんばんは。
 桜色かぁ・・次々にきこえる開花宣cherryblossom
 毎年、今の季節はとってもうらやましいね。
 ここらでホーホケキョは5月半ばころかなぁ
 ちょうど田植えの時期だよ~bud

 そうだね~お腹はこわしてないけど
 ウトウトと寝入ってすぐは、こっちがねぇ
 寝ぼけてフラフラなのだhappy02
 そのかわり昼間はチョッカイ出しても
 グースカ寝とりますにゃcatsleepy

 

投稿: michiko | 2014/03/22 19:54

michikoさんからのコメントを読んで                ↓

「なかなかゴミ箱には捨てられなくて・・・・・いつか、もう片方編むかもしれないと思って・・気づくと同じ毛糸がもう無いときもある」

コレ、読んでたら涙がでました。なぁごもそんな人生でしたでがーす=^^= あははは~

投稿: なぁご | 2014/03/22 22:18

cat なぁごん

 こんばんみ。
 昼寝しすぎて、今夜は寝付けないっす。happy02

 なんかね・・うまくいかないときってあるよね。
 こっちはよかれと思っていても
 いつのまにか、反対の意味にとられたり
 たかが靴下のことでも、あらら~になるときもある。
 はて、私はナニを言いたいんだかcoldsweats01
 つまりはあまり上手に生きてこられなかったのかナ。
 永遠の片方の靴下だわ。foot
 

投稿: michiko | 2014/03/22 23:41

編むのを投げ出したくなった理由はな~に?
模様編みが面倒くさいから?
アクリルが入っていて編みにくいから?
とっても可愛く出来ましたよd(^-^)
こういうのが目に止まるのでは(^_-)-☆

義母のチーコもすごくうるさいの。
ごくうも晩年はうるさかったから、チーコも危ないぞ、なんて言っている今日この頃です。
夜泣きのため、私、ノイローゼになりそうでしたから。
チーコちゃん、可愛いお顔(*^。^*)

投稿: ちえこ | 2014/03/23 19:17

ピンクの縞々靴下可愛い~♪
michikoさんの細い縞の靴下好きです♪
履き口もクルクルのが足首が締まらなくていいですよね。
チーコちゃん、お腹すいたの?
こんな可愛いお顔でおねだりされたら、ごはんあげちゃうよね~。

投稿: ぽんすけ | 2014/03/23 20:26

cat ちえこさん

 こんばんは。
 投げ出したくなったのは、なんだろう・・
 この毛糸は合太だけど少し細めなんです。
 編んでも編んでも進まなかったからなのかなぁ
 やる気がなかったのもあるぞcoldsweats01
 アクリルが入っているけど、きしみは無いのだ。
 自分でも自覚してるけど、私はかなり飽きっぽいのです。
 同じことを続けて出来ないという。。happy02
 同時2足編みもするし、本も2冊読みするし
 スロウなくせに気ぜわしいヤツですわsweat01

 チーコの夜鳴きは悩ましいっす。catface
 前の猫もそうだったので、なるべく考えないようにしてるよ。
 それくらい私はチーコに依存しとります。shock

投稿: michiko | 2014/03/23 20:52

cat ぽんすけさん

 こんばんは。
 私もシマシマ大好きですよん。
 編んでいても段数が数えやすいし・・そこ?happy02
 Tシャツもほとんど横シマざます。
 はき口がクルクルのほうが、スポッ!とはきやすいんだよね。

 チーコは老齢のせいで昼夜逆転しちゃって
 夜中にごは~~~んってやかましいのです。
 しかも気に入らない缶詰は不服を申し立てるし
 わがままにゃんこだす。catannoy
 かわいいから許しちゃうんだけどねhappy02
 

投稿: michiko | 2014/03/23 20:58

なぁごんへのレスポンスの『永遠の片方だけ』の文字にドキっとしました。

永遠の片足って素敵じゃありませんか。
いつか編むかもしれないし、もしかしたら同じ毛糸が無いかもしれない。
そんな独りもんの靴下を捨てられないっておっしゃる姉さまが好きです。

もし姉さまのお部屋に片足靴下があるのだとしたら、素敵だな。
永遠の片方だけ、大いに素敵です。

少し早いけど
おセッカチな性分で困ったもんです(苦笑!

火曜日行ってきまーす!
きっと週末にならないとアルジれないと思うけど心配ないからね。

投稿: アルジ | 2014/03/23 21:44

cat アルジにょん

 真夜中にこんばんは。
 永遠の片方靴下は、ぜんぜん素敵じゃなくて
 私にとっては気力の無さと決断力の無さの証明みたいなもんで・・
 靴下は裏の糸始末まで終わると、ほどくのが
 とっても大変なので、そのままなのだ。coldsweats01
 毎日、毛糸のカゴや残り毛糸を整理しなきゃと
 思いながら 思うだけで終わってます。
 いきなりポックリいっちゃうと、この部屋は
 すべてゴミになっちゃうやもしれまへん。
 いやいや・・どうするべ。sweat01

 了解! 気をつけて行ってらっしゃい!
 晴れるといいね~sunrun
 

投稿: michiko | 2014/03/24 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の器たち | トップページ | 13号@2014 »