« 春へ | トップページ | 母 »

2010/04/19

ソウル・コレクター

Dscf0295

ジェフリー・ディーヴァー著 文芸春秋

科学捜査の天才リンカーン・ライムシリーズの8作目。
今回の敵は電子データを操り、証拠を捏造して
殺人を繰り返す凶悪な犯人だ。shock

疎遠になっているライムの従兄弟が
殺人で逮捕されたことから 物語は始まる。
見事にそろった証拠やタイミングが良すぎる目撃通報など
ライムは違和感を感じるのだ。
今回も相棒の赤毛捜査官アメリアとジワジワと追いつめてゆく。
この過程がスリリングでなんともたまらない。

情報化社会での個人情報保護の在り方に
背筋がゾゾッ! 犯人にされてしまうこともあるのだね。
こわい こわいっrun

ちなみにこの作品は
「2010年 このミステリーがすごい!」の
海外編ベストテン 5位である。

国内編1位は東野圭吾「新参者」 やっぱり~wink

clover  clover  clover  clover  clover  clover

Dscf0283

遊水地のオオハクチョウもずいぶん減りましたよ。
そろそろ春ですね~bud

|

« 春へ | トップページ | 母 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事