静子の日常

20200915112520

 

井上荒野著  中公文庫

 

元気なおばぁちゃんは、あなどれない。

75歳の静子さんはスイミングスクールに通い、

周りの人達への観察力が素晴らしい。

息子夫婦や孫娘にも負けてない。

なのにエレガントなのだ。

お酒に弱い亡夫に合わせて飲まなかった静子さんが

通夜にビールをグイグイ🍺

家族のそれぞれの目線からのエピソードもあり

楽しい一冊であります。。が

なんか、前に読んだ気がするのだ。

気のせいだよね。。。📖

 

20200915112148

 

塗り絵のアプリにはまってます。

「Color Planet」

決められた数字の色をチマチマと埋めていく。

気が遠くなる作業だけど、色が美しく

達成感が半端無いです。

広告がじゃまだけど、無料なり♪

 

 

 

| | コメント (8)

2020/09/08

9月のコスモス

20200908110623730

5月に廃線となった札沼線。

新十津川駅に今年もコスモスが植えられ、

ボチボチと人が訪れている。

駅ってなんだか寂しいね。

 

台風が続き、遠く離れた北海道でも

湿度が高く蒸し暑い日々です。

予報では週末から気温がイッキに下がるらしい。

 

九州の停電が早く回復しますように。

いつもの暮らしに戻れますように。

 

Dscf4901

 

今朝、チーコが肩のそばに来た。

目が覚めて、夢かぁ~🐈

 

| | コメント (8)

2020/09/01

いやよいやよも。。

20200617090050

北大路公子著  集英社文庫

 

タイトルの付け方がどっぷり昭和!

ビールとテレビをこよなく愛するグータラな(失礼!)

著者が札幌から那覇まで、イヤだイヤだと言いながら

頑張る旅日記です。

犬ぞり、ジェットコースター、青木ヶ原樹海、

パツパツな水着でシュノーケリングと

頭の中に画像が浮かびたまらんのです。

 

20200828154033_20200901173201

   セイタカアワダチソウ

 

最高気温33度の翌日は15度でした。

体がビックリします。

今日で1週間連続で熊さんが近所に出没。

いくら北海道でも山裾の住宅地でも

こんなことは初めてです。🐻

子熊でもどこかに母熊もいると思われ

はやく山に帰ってくれ~🏃

 

| | コメント (10)

2020/08/13

お知らせ

20200805201456

 

残暑お見舞い申し上げます。🍧

 

北国もアチチなお盆です。

タブレットが充電出来ず、昇天しそうです。

しばらく、お休みしますね。

コメント欄も閉じておきます。

熱中症、コロナに負けず

元気で夏を乗り切りましょう!🏃

 

 

|

2020/08/06

島へ免許を取りに行く

20200720130849

星野博美著  集英社文庫

 

小説と思っていたら、リアルなエッセイでした。

著者は40代、愛猫をなくし人間関係も行き詰まり

自分を違う環境に置こうとしたのです。

東京から遠く離れた長崎県五島列島の

ごとう自動車学校に入学。

そこは馬や羊や犬なども暮らす

牧場みたいな学校でした。

若い人たちが軽々と上達するなかで、

悪戦苦闘する日々が綴られています。

大変だけど、読んでる私はめちゃ面白い♪

 

私も40代後半で免許を取りに行ったので

よ~くわかるのです。

私の場合は病み上がりで、毎日どこかに

通ったら体力戻るかなぁと思ってね。

オートマ限定ってヤツです。

あれから20数年、大きな事故は無いけど

看板や柱にこすったり側溝にタイヤ落としたり

色々ありました。

まだ、アクセルとブレーキはわかるから

大丈夫かなぁ。

 

1596529747001

 

ここ数日、雨が降ったり止んだりで

湿気が多くバテバテです。

でも、野山はあちこちに秋の気配。

コスモスが風に揺れてました。🌾🍠

 

| | コメント (8)

2020/08/01

夏到来!

20200728110248

     オオハンゴンソウ

 

8月の声を聞いたら、夏が来た!

天気図に🌞マークが並び

最高気温予想も30度。

 

なのに、婆はぎっくり腰状態で

家の中をソロソロ~と移動してます。

不思議ね、調子が悪いと本も捗らず

ただボンヤリ時間が過ぎていきます。

 

20200728110314

   蕎麦の花&ノラニンジン

 

というわけで、又々 更新は途絶えますが

まだお迎えは来そうもなく、しぶとく生きています。🏃

 

 

| | コメント (12)

2020/07/23

今日も一日きみを見てた

20200720130957_20200723093601

角田光代著  角川文庫

 

著者が初めて暮らしたアメショーのトト。

愛するものとの日々が丁寧に綴られている。

添えられてるフォトがそりゃもう可愛くて

たまりません。

モフモフしたくて、身悶えますワ♪ええ。。

 

20200721110141_20200723094501

 

ある日、玄関にこの花が飾られてました。

たぶん娘が活けたんでしょう。

確か、ずいぶん前には庭にも咲いてたはず。

なんてったけなぁ。。名前が思い出せないのです。

ずーっと考えてました。???と。

私の記憶回路は壊れつつあって、あっ!と

スイッチが入るまで数日。

 

ジャーン! デルフィニウム♪

 

今日も曇り空なり☁️

 

 

| | コメント (12)

2020/07/15

東京百景

20200616060059_20200715160301

又吉直樹著  角川文庫

 

高校卒業後、芸人を目指して上京。

現実と折り合いながら、あきらめたり

しがみついたりの暮らしの物語です。

住む地域や仲間との小さな楽しみなどを

東京の様々な場所で描いてる。

100のシーンに分かれ、1編がとても短く

言葉の選び方にも、惹かれます。

頭の良い男性、好きですワ♪

 

1594744671222_20200715161301

私が住む空知地方は蕎麦の栽培が

盛んです。

5ミリほどの小さな花は、愛らしく

これまた、風に揺れて美しい景色です。

 

北海道のコロナ感染者が、ジワジワと

増えて来ました。

今度はキャバクラらしい。。いやはや😥

 

 

| | コメント (10)

2020/07/12

野の花

20200707112852_20200712104101

野の花はその年によって群生ぶりが違います。

今年はこのタンポポモドキがイチバンかなぁ

長い茎なので、風にユラユラ。。

見事です♪

 

20200707113033_20200712104001

大好きなノラニンジンは少なめで

田畑のそばや空き地で、これも風に揺れています。

ニンジンの原種らしいけど、実はつかず

香りはニンジンと同じです。

 

20200707112641_20200712104101

ヒヨドリバナは蕾のうちがピンクで可愛らしい。

開くと白くフワフワで存在感が無くなります。

 

私はメンタルがめちゃ弱く

コロナに加えて、大きな災害でテレビを見るのが

辛くてたまりません。

役立たずな自分に出来るのは、被害がこれ以上

広がらないように祈るだけ。。無力です。

 

いつのまにか、7月半ばになりました。

| | コメント (16)

2020/06/24

ヒメジョオン

20200623112641

ハルシオンとヒメジョオンの区別は

よくわからないのです。

調べてみたら、蕾が上に向かっているのが

ヒメジョオンだって。。ほ~っ♪ 

ほ~っといえば、近くの森でほ~っケキョケキョと

鳴いてるのはウグイスなのか?

姿を見たことはありませぬ。

 

20200623113310216

緑が濃くなってきました。

フランスギクもまだ咲いています。

あい変わらず、グータラ暮らしなり。😅

 

| | コメント (10)

2020/06/21

あのひとは、

20200616055920

「あのひとは蜘蛛を潰せない」

彩瀬まる著  新潮文庫

 

まず、タイトルに驚いたけど

久々に読む恋愛小説。

主人公は、ドラッグストアで働く

28才の女性店長です。

タイトルになってるのは、中年の男性従業員で

指先ほどの蜘蛛も潰せない優しさを持つ。

けれど、ある日若い女性と遁走してしまう。

妻の話によると、初めてでは無くて

しばらくたつとシラ~っと帰るそうなのだ。

優しい男でも妻には酷いことをするのだね。

 

主人公は28才で初めて恋人ができるのだが

バイトの大学生だ。

幼いころから、「みっともないことをするな」

「ちゃんとしなさい」と口煩く育てられた主人公は

人とのつきあい方がギクシャクします。

兄と結婚し、母と同居の幼なじみである雪ちゃん。

必ず、頭痛薬を購入するバァファリン女。

脇役の登場人物も独特で面白い。

私自身も口やかましい母に育てられたので

のめり込むようにイッキで読了。

著者の他作品も読んでみたいです。📖

 

ブログも自粛継続で怠けております。

いやはや。。

今日は久しぶりの青空なり。🌞

 

 

| | コメント (10)

2020/06/09

コウリンタンポポ

1591687671636

なぜだか、毎年写真撮ってます。

野の花には珍しいオレンジ色で

ヨーロッパ北部原産の帰化植物。

 

20200609162926

黄色いのがタンポポモドキ、ブタナとも呼ばれ

こちらもヨーロッパ北部原産。

コウリンタンポポと仲良く群生しています。

茎が長く、どちらも風にユラユラ♪

 

ブログネタ欠乏中、

書きたいことがなんにも無いのです。

ボーッと一日過ぎていきます。

やれやれ。。



 


 

| | コメント (10)

2020/06/05

初夏

20200603200237

フランス菊が咲いている。

ヨーロッパ原産で、寒冷地の花。

江戸末期に渡来したらしい。

今は花畑より空き地に広がっている。

 

20200603200032631

ルピナスは昇り藤とも呼ばれ

寒冷地では宿根草だ。

フランス菊とルピナスは、ターシャさんの

前庭の草原にも咲いてたね♪

ターシャさん自身が種を蒔いたそうだ。

 

 

20200605052640

yacco さんから手作りマスクが再び届いた。

呼吸が楽なような作りになっている。

足向けて寝られないぞ! ありがたすぎる。

yacco さんは、どっちだ~🏃

材質はてぬぐいで、優しい柔らかさなり。

ぴ・ぴ・ぴよこちゃん♪ 

 

田植えも終わり、カッコウが鳴いているよ。

 

 

| | コメント (10)

2020/06/01

苦手図鑑

20200530120301

 

北大路公子著  角川文庫

 

あんまり憂鬱なので、腹ゆらして笑いたくなった。

「頭の中身が漏れ出る日々」が腹ゆれるレベル10だと

これは、レベル8くらいかも。

人前では読まないほうが良い、怪しい人になる。

エッセイなので、色んな話があるのだが

美人を前にすると、挙動不審になるらしい。

同じだぁ~🏃 私の場合は美男も入る。

うわっ!そんなキレイな眼で見ないで!

私ごとき豚さん見ると眼が汚れるよ~💦となる。

大輔君も柱のかげに隠れてチラ見がベスト。

よって、私と普通に話せてる人々はそこそこなので

安心してくださいまし。

この文庫の特典は、末尾の解説が同じく

札幌在住「東京バンドワゴン」の小路幸也氏。

リアル交流もあるそうで、お得感半端ないです♪

 

20200601110254

 

寒い次の日、突然初夏が来た。

温かいゴボウ茶から、冷たい緑茶に。

日本人に生まれて良かった~うまっ👍

 

 

| | コメント (16)

2020/05/26

緊急事態解除

20200526115113

 

私の愛する北大路公子氏が

北海道知事のコメントをいつも分かりやすく

ツィッターで解説してくれます。

「国の緊急事態宣言が解除されても、うちはうち!

よそはよそ!」「北海道は今月末まで外出自粛

休業要請、札幌との往来自粛は続けるよ!」

「一部要請緩和しても感染防止第一!」

「解除でもウィルスゼロにはならない。」

「解除は治療じゃないから!」「まじで!」

 

さすが北大路さま、婆ブンブンうなづく。

 

20200524152635

 

あんまりヒマなので、ハギレでマスク二枚作成。

ピンクはなぁ~やはり似合わないス。

ミシンが壊れてるから手縫いなり。

 

ちょっと元気になったのは

 

Exxvr8xucaa45la

 

大ちゃんのCM

アースジェット!ジェジェジェッ アースジェット♪

ご覧になりましたか。😊

 

 

 

| | コメント (12)

2020/05/19

菜の花 2020

1589856981998_20200519185601

隣街の北、江部乙地区は

今年も菜種が開花し、黄色に染まっていた。

日本でも有数の作付面積を誇るが

今年の「菜の花まつり」は中止になった。

あくまでも農作物だから、畑の中は入ってはならない。

 

1589857192319_20200519185601

今日はウィークデイだけど

お天気が良いので、ワラワラと車がやってくる。

私もその1人だわ。。🚗🚐🚕

 

1589856923557_20200519185601

丸加山はコロナウィルスなんぞ

素知らぬふりで、いつものようにそこにいた。

空は青く、新緑は美しい🌿

 

一回り年下の従妹があちらに逝ってしまった。

この時期なので、密葬で連絡も無し。

幼い頃の笑顔が浮かんで、泣き虫婆に

なってしまった💧

 

しばらくコメント欄、お休みします。

ごめんなさいね。

 

|

2020/05/12

買えない味

20200416131655

平松洋子著  ちくま文庫

 

平松さんのエッセイ3冊目。

今は通販で全国から美味しいものが

手に入るような世の中になった。

この本は一晩おいた煮物の味わいや

お気に入りの器など、お金では買えない話の数々。

彼女は粉引の白や豆皿がお気に入りなのだ。

 

コロナで2月下旬から休止になっている陶芸だが

やっばり器の話には興味が惹かれ

自分で作った豆皿を思い出したのです。

 

1587692783483

 

残念なことに、皆貰われて

手元にはない。

 

20200512110407

 

季節は進み、ふきのとうがこんなに伸びている。

いつもの公園は、まだ閉鎖のままだ。

 

 

 

 

| | コメント (10)

2020/05/05

桜♪2020

20200505114723

 

私が高校生の頃住んでいた、自宅近くの小さな公園。

普段はほとんど人影は無いけれど

家族連れがチラホラと

桜ウォッチングしていた。🌸🌸🌸

街中の🌸はほぼ満開に近い。

 

20200505114655

 

春を告げるエゾエンゴサクが

足元に咲いていたが、まだ草丈は低い。

ここには、水色と青系ばかりだ。

 

コロナウィルスで気持ちは沈みがちだけど

季節は巡るね。春です♪🌷🌷🌼

 

| | コメント (14)

2020/05/01

水仙の季節

1588297935608

畑に化けた庭に唯一残る水仙が咲いた♪

春だぁ~🏃

黄色は元気をくれるね。

 

Images

CSのAXNミステリーで

GWは、ミス・マープル一挙放送です。

画像を検索したら、ビックリ👀‼️

以前、私がブログにあげた画像が出てきた。

当たり前なのかもしれないけど、

あたしゃ驚きましたわ。

マープルがついてる。。

閉じこもりなんて怖くない。👵

 

| | コメント (10)

2020/04/28

ひさしぶりの海苔弁

20200428133554

 

「ひさしぶりの海苔弁」

平松洋子著  文春文庫

 

やはり、食に関するエッセイです。

タイトルの海苔弁は、東京駅で販売されている

「KINOKUNIYA」の人気駅弁。

美味しさと懐かしさに感動して

自分でも二段重ねの海苔弁を作り

2日続けて食べたそうな。🍱

 

それを読んだ自分も在るもので

作りました。

 

20200428162355

しょぼいけど、味はそれなり。

高校生のころ、母が作ってくれた海苔弁は

ゆで卵、魚肉ソーセージ、ホウレン草のお浸し、

まっかな紅生姜が定番でした。

海苔はペランと一枚で、たまに

蓋にはりついてた。(/--)/

でも、懐かしいなぁ

 

いつもの子供の国公園が

コロナウィルスの為、GWが終わるまで

閉鎖されていました。

がっちりバリケードされてた。❌

公園の桜、ピンクでキレイなのに

今年は見られないかもしれないなぁ

残念なり💦

 

 

 

| | コメント (14)

«エッセイ